PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(94)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore

京王井の頭線を歩く(1)

 


 渋谷─吉祥寺間(12.7km)をつなぐ京王井の頭線を2回に分けて歩きます。
 渋谷駅を出てすぐトンネルに入り、出た所が神泉駅で、ホームの途中からまたトンネルに入ります。このトンネルで山手通と交差しています。そしてすぐ右手に東大駒場キャンパスをみながら駒場東大前駅に着きます。
 駒場駅の右手の坂を登ると木々の茂った自然豊かな駒場公園があり、公園内には日本近代文学館があります。また隣接して雰囲気のある木造の二階建て瓦葺き蔵造り風建築の日本民藝館があります。柳宗悦によって創設され、伝統的工芸品を収蔵展示する美術館です。入館料がちょいと高いのが難点ですが・・・。駅の反対側には筑波大の農学部が移転した後に公園として整備されて、ケル    下北沢駅で待つ人たち
ネル田圃という日本初の実験水田がある駒場野公
があります。この公園は雑木林や水田があって、野鳥なども多く、かっての駒場野の面影を感じさせてくれます。
 駅を出て1kmほど行くと池ノ上駅です。さらに500mほど行くと若者の町・おしゃれ感覚の町下北沢です。ここで小田急線とX字交差しています。この駅は小さな丘にごちゃごちゃと駅と商店街があり、奇妙な面白さを感じさせてくれる駅です。そして駅を抜けて1kmほどで次の駅新代田駅に着きます。この駅は改札口が環七通りに面しています。
 環七をわたって行くとすぐ次の駅の東松原駅があります。駅の左手近くに梅林で有名な羽根木公園があります。羽根木・松原地区の住宅地の中を1kmほど行くと京王線と交差する明大前駅です。大勢の学生さんたちと一緒に駅を出て甲州街道の陸橋を渡ると、明治大学のキャンパスがあります。そして線路沿いの坂を下り、神田川を渡ってしばらく行くと永福町駅です。ちょうど半分ですので今回はここでストップです。
  

戻る>

   
Copyright©2008 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.