PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(88)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore

東急多摩川線を歩く

 


 東急多摩川線を歩きます。多摩川線は旧目蒲線の一部に当たる路線で、2000年8月に多摩川―蒲田間が分離されました(全長5.6km)。
  多摩川駅を出て300mほど行き、丸子橋に続く中原街道を渡って500mのところに沼部駅があります。沼部駅を出るとすぐ新幹線のガードをくぐります。このあたりは線路沿いの道に沿って昔の六郷用水の名残が鵜の木駅ぐらいまで湧水を使って用水路が再現されています。水がきれいでたくさんの鯉が泳いでいます。鵜の木駅の近くに昭和26年に建てられた公庫住宅を家財とともに展示してある小さな「昭和のくらし博物館」があります。駅を出て5〜600mほどで次の下丸子駅です。
  下丸子駅を出てしばらく行くと武蔵新田駅があります。駅の右手近くには「破魔矢」発祥の新田義興を祭った新田神社があります。社殿の後ろに義興    沼部駅前の道
の遺骸を埋めたという伝承のある円墳があります。
ご神木の樹齢700年といわれるケヤキの大木はすごいものです。
  武蔵新田駅から1kmで次の矢口渡駅に着きます。昔の矢口渡しは新田神社付近にあったらしいのですが、多摩川の流れも時代によって変わり、昭和24年に渡し場がなくなるまでは、多摩川大橋のすぐ上流ぐらいだったようです。現在は渡しの場所を示すものは何もなく、ただ案内板がぽつんと立っているだけです。
矢口渡駅を出て500mほどで環八を越えます。環八を越えてしばらく行くと蒲田駅の繁華街に入り、JR蒲田駅と隣接している東急蒲田駅に着きます。

 

戻る>

   
Copyright©2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.