PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(56)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore
小名木川を歩く  


 池波正太郎などの江戸時代小説でお馴染みの小名木川を歩きます。江東区常盤一丁目付近の隅田川と大島9丁目付近の旧中川を結ぶ川です。
  最寄りの駅は都営新宿線の東大島駅です。駅の西口を出て旧中川と並行の道を5〜600m下ると江戸時代の中川船番所資料館があり、「1・水運関係資料」「2・郷土資料」「3・釣具資料」を見ることができます。資料館から600mほどのところに仙台掘川との合流地点があります。このあたりは右側が大島地区、左側が東砂・北砂地区の公団の高い団地が続いています。
  歩き始めて2kmほどの左側付近に小名木川貨物線の広い操車場跡が現在大再開発中です。さらに1.2kmほど行くと大横川と交差します。そして1.5km歩くと隅田川との合流部に着きます。合流部近くに芭蕉庵跡の芭蕉稲荷、少し北に芭蕉記念館があります。
  全長4.5kmほどでした。淋しいことに昔の深川地区の面影はぜんぜんありませんが、新しい下町を感じることができます。記念館から隅田川沿いに500Mほどで都営新宿線の森下駅です。

 

戻る>

   
Copyright©2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.