PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(55)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore
大横川を歩く  


  旧名大島川は現在は大横川と呼ばれています。最寄り駅は東武伊勢崎線の業平橋です。
  駅を出て東武線の高架をくぐり。浅草通りを渡って右方向に100mほどのところで北十間川から分かれた大横川の暗渠があり、船をかたどった建物の目印があります。そこからきちんと整備された自然豊かな大横川親水公園が2kmほど続きます。両側は業平・横川・本所・石原などまさに深川地区の下町情緒豊かな地区です。もっとも今はこぎれいなマンションが多く、昔のイメージとはかけ離れてはいますが・・・。
  高速7号小松川線を越したところから開渠となります。1kmほど歩くと小名木川と交差して、さらに500mほどの右側に木場公園が広がっています。ここの中にある東京都現代美術館はす ばらしい現代アート企画展を開催します。 そして木場公園の真中を流れる仙台堀 川と交差します。交差してすぐの富士見橋で今度は横十間川が合流します。
  そして500mほど歩いて、永代通りを越したあたりで大きく右折します。ちょうど曲がり角の近くに赤い鳥居の洲崎弁天で有名な洲崎神社があります。右折して500mほどのところで平久川と交差し、しばらく永代通りと並行して流れます。2kmほど行き、清澄通りを越すと左側にヤマタネ倉庫の倉庫群があり、そこで大島川西支川が合流し、すぐ隅田川に合流します。隅田川沿いに永代橋まで歩き、そこでUターンして永代通りを5〜600mほどの所に東西線の門前仲町駅があります。
  時間のある方は、近くの深川不動尊富岡八幡宮を参拝して門前町の面影のある商店街を散策されると楽しいです。
   

 

戻る>

   
Copyright©2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.