PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(34)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore
丸子川を歩く  


 昨年に続き23区内の川を歩きたいと思います。小さな川ですがきれいで、散歩道としてはトップクラスの川である丸子川を歩きます。江戸時代の六郷用水の下流部分が整備されて名前を変えて残っている川だそうです。最寄りの駅は田園都市線の用賀駅です。駅から東名高速道路に沿って砧公園・世田谷区立総合運動場の脇を通り、岡本三丁目で仙川に出会い、500mほど川に沿って下った水神橋のところから現在の丸子川は始まります(駅から2.3kmぐらい)。
 しばらく小さな流れに沿って下ります。500mほどの左側に江戸時代の古民家の岡本公園民家園、そして隣接して三菱財閥岩崎家の庭園・自然林・建物の見事な美術館の静嘉堂文庫があります。丸子川は多摩川に沿った丘陵地の真下を流れていて、この丘陵地には岡本地区・瀬田地区・上野毛地区・等々力地区・そして田園調布地区などといった世田谷区の高級住宅地区が続いていてその家々の自然いっぱいの庭を楽しみながら歩けるのも特徴です。
 東急大井町線を越えてすぐ五島美術館や森のような上野毛自然公園があります。さらに下ると赤い橋のある巨大でユニークな動物の石像の守り神が出迎える古いお寺、善養寺があります。このお寺には都天然指定樹の大栢の樹があります。
 しばらく下ると等々力渓谷を流れてきた谷沢川と交差(?)します。一見谷沢川と一緒に多摩川に注いでいるように見えますが、谷沢川の下を抜けてポンプでくみ上げてあたかも交差しているような構造になっているのが不思議です。そしてすぐ右手に武蔵工業大学のきれいなキャンパスがあります。
 歩き始めて6kmほどのところで多摩川に近くなり、左手には多摩川台公園があります。600mほど長く続くたくさんの古墳や水生植物園があり、自然林のすばらしい公園です。公園のすぐそばに東横線の多摩川駅があります。今回は全行程7kmほどの短い距離ですが、自然環境ばかりでなく街並みもすばらしく、見るものも多いお奨めの散歩コースです。

     

戻る>

   
Copyright©2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.