PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(32)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore
目黒川を歩く  


  今回の目黒川はもともとは世田谷区三宿付近で北沢川と烏山川(どちらも現在は暗渠になっている)が合流して目黒川となったそうですが、現在は国道246号線の池尻大橋から開渠となっているので、最寄り駅田園都市線の池尻大橋駅から歩きます。
  この川は大橋から河口まで両側にきちんときれいな道があり、またほとんど途切れずに桜並木が続いているのが特徴です。水がもっときれいだと最高の散歩道ですが・・・。
  駅を出て2〜3分で川に出ます。歩き始めて500mほどで山手通りを越えます。そこを過ぎてすぐの左側近くに荒城の月で知られる豊後岡藩の屋敷の名庭園を残した菅刈公園と、それに接してこれまた鹿児島の西郷邸の一部を公園にした西郷山公園があります。さらに1.5kmほどで東急東横線の中目黒駅の下をくぐり、しばらく下ると目黒川船入場調整池の上が公園となっており、「川の資料館」があります。そして少し下った左岸に金属材料技術研究所跡地に作られた区立中目黒公園があります。この公園は自然っぽさを残したデザインの中に健康とスポーツの広場や花と緑の学習館などがあり、雰囲気のよい公園です。そしてその先には左岸に接して日本庭園が有名な結婚式場の目黒雅叙園があります。このあたりが歩き始めてちょうど4kmです。
  そのすぐ先で東急目黒線をくぐり、さらにその先で高速2号線を越してすぐ山手線の五反田駅があり、またさらに500mほどのところに大崎駅があります。このあたりは高層ビルの並ぶオフィス街を流れます。6kmほどのところで山手通りを越え、直ぐに山手線・新幹線の鉄橋をくぐります。
  そして東海道線をくぐってすぐの左岸直ぐのところに
寒緋桜で有名な郷社荏原神社があります。このあたりは南品川地区で寺の多い町です。京浜急行の新馬場駅近くを過ぎて1kmほどのところで京浜運河に合流します。今回は延長8kmほどの散歩道でしたので、歩き足りない方は新馬場駅近くの旧東海道の情緒ある街並みを散策されて品川駅からお帰りください。  

 

     

戻る>

   
Copyright©2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.