PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(29)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore
呑川(のみがわ)を歩く  


  呑兵衛の太石には名前が気に入っている呑川を歩きます。この川は水源は世田谷区の東急新玉線の桜新町駅近くのようですが、今は歩道の下で分かりません。国道246の道際から小さな小川が始まり、1kmほどのところで地下にもぐります。呑川緑道となって桜並木の散歩道が3kmほど東急大井町線の緑ヶ丘駅近くまで続きます。東急目黒線の鉄橋の下から呑川として河口まで流れていますので、ここから散歩します。最寄り駅は緑が丘駅です。すぐ川に出ます。
  東京工業大学のキャンパスに沿って500mほど流れます。スタートから1kmで中原街道にぶつかります。橋詰めに「清流復活」の石碑があります。道を渡ってすぐ東急池上線があります。
  さらに住宅街の中を3kmほど川に沿って下ると、この川のメインポイントとも言うべき池上本門寺があります。広大な寺院が広がり、五重の塔など見どころのあるお寺です。特に桜や梅林は見事です。また門前町をしのばせる古いお蕎麦屋さんの「本門寺そば千歳屋」、葛餅の「池田屋」「相模屋」やゴマの店の「いい友」などが住宅街の中にあります。
  さらに2kmほど下ると東海道本線・京浜東北線の鉄橋があり、5分ぐらいで蒲田駅です。鉄橋の下をくぐり1km行くと京浜急行蒲田駅です。ここから下流は新呑川と名前を変えます。
  1kmほどで産業道路ですが、ここからか河口までは川の両側には工場が立ち並び、川沿いには歩けません。また川にはつり船がたくさん係留されています。歩き始めて10kmほどで海老取川に流れ込みます。そしてさらに2kmほどのところで多摩川に合流します。
  新呑川河口から1.5kmのところの京浜急行穴森稲荷駅が最寄り駅です。今回は11.5kmほどの行程でした。穴森稲荷駅近くの穴森稲荷神社は風情のある神社です。お参りをしてお帰りください。

   

     

戻る>

   
Copyright©2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.