PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(20)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore

江戸川を歩く(1)

 

 今回は東京23区の千葉県との間を流れる有名な江戸川を下って見ましょう。
 最寄の駅はJR常磐線の金町駅です(松戸のほうが近いのですが23区にこだわるため)。常磐線に沿って歩き、都道307号線に出て左折し、まっすぐ2kmほど北上します。東京外かく環状道路を越すと葛飾橋に出ます。そこから400mほどのところが埼玉県三郷市との境です。橋の向こうは千葉県松戸市です。ここから河口に向かって右岸の土手を歩くことにします。
 葛飾橋からすぐ葛飾大橋があり、左手河川敷にはきれいで小さな江戸川ラインゴルフ場(ショートコース)があります。葛西大橋から1kmほどの右手下に深い森に囲まれた葛西神社があります。
 ここに「海から18km」の道標があります。そして常磐線の鉄橋と水戸街道の新葛飾橋が並んであります。歩き始めて5kmほどのところの川の中にとんがり帽子と麦藁帽子に似た給水塔が並んであり絵になる風景を作っています。右手下は大きな金町浄水場です。4〜5分のところに歌で有名な矢切の渡しの柳のある小さな船着場があり、たくさんのお客さんが渡し舟を待っています。右手近くに映画の寅さんの柴又帝釈天がありますのでここでおまいりをして参道の団子屋さんでひと休みです。土手に戻ってすぐ右手に葛飾柴又寅さん記念会館があります。
 4〜5分で北総公団線の鉄橋です。海から16kmです。さらに1.5kmほど歩くと河川敷に小岩菖蒲園があり、花の頃には結構な人出があります。このあたりでちょうど歩き始めてから8kmです。土手のすぐそばに京成本線の江戸川駅があります。今回はここで区切ります。

     

戻る>

Copyright©2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.