PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(191)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore
川越街道を歩く(1)  
 
  川越街道は江戸時代の街道で日本橋より中山道を進み、板橋宿の平尾追分(現在の板橋3丁目交差点付近)で分岐して川越城下に至る街道です。今回は板橋三丁目からスタートして和光市境まで9kmを2回に分けて歩くことにします。
  四つ又商店街通りを歩き、300mほど歩くと山手通りを渡ります。そして400mほど行くと東武東上線の大山駅の踏切を渡り、大山駅商店街・ハッピーロードに入ります。商店街を抜けたところで現在の川越街道国道254号線にぶつかり、この道を歩きます。50mほど行くと右手近くに大山福地蔵の小さなお堂があります。そして100mほど行くと日大病院入口交差点があり、ここから右手方向に旧川越街道の道・下頭橋通りに入ります。
  しばらく行くと右手近くに珍しい馬草鞋が奉納されている小さな轡神社があります。そして500mほど行

 
  石神井川を渡る川越街道

くと石神井川にぶつかります。下頭橋を渡る手前右手に赤い提灯のぶら下がった小さな神社があります。下頭六蔵菩薩を祀った祠です。橋を渡って100mほど歩くと川越街道・国道254号線に合流します。そして、すぐ環七を渡ります。
交差点を渡った左手角の小高い石垣の上に豊島七福神の一つ長命寺があります。さらに国道254号線を歩きます。1kmほど行くと左手近くに広大な総合グランド・野球場A/B・テニスコート・子ども広場などのある都立城北中央公園が広がっています。そして200mほど行くと川越街道のランドマークとして親しまれている五本ケヤキが道の中央にあります。この五本ケヤキの右手近くに東武東上線上板橋駅があります。さらに1kmほど行ったところ錦二丁目でスタートから5kmほどですので、今回はここでストップとします。 

戻る>

   
Copyright©2011 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.