PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(12)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

072 468-60
神田川を歩く(2)  

 前回の中野富士見町から神田川にそって河口を目指して歩きましょう。
 この辺から環6を過ぎて青梅街道までは両岸にそって住宅がびっしり建っていて、川の両岸に道はありませんので、できるだけ川に近い道を歩くことになります。青梅街道から西武新宿線の下落合駅付近までは両岸にきちんと歩道があり、桜並木なので歩くには最適です。歩き始めて4kmほどの西武新宿線下落合駅近くには落合中央公園と隣接して木々や花の多いせせらぎの里公苑があります。
  ここからまた川に沿った道は高田馬場駅付近までなくなりますが、このあたりは高田馬場駅に近く、庶民的な商店街や飲み屋街があり、そんな通りを歩くのもまたよい感じです。
  明治通りを越えるとそこから都電荒川線と並行して流れます。西早稲田一丁目が都電荒川線の出発点駅です。明治通りから江戸川橋までの1kmほどの桜の並木は見事です。新江戸川公園江戸川公園と続き、お花見シーズンは大変な混みようです。川に張り出した夜桜は特にお奨めです。新江戸川公園近くには二本の樹齢何百年の銀杏の古木のある水神社芭蕉庵があり、また急な石段を登ると永青文庫野間記念館などがあります。
  また、この付近には名園の椿山荘があり、庭に続く冠木門が川沿いにありますので、ちょっとのぞいてみてください。江戸川橋から飯田橋までは上を高速5号池袋線が通り、両岸のコンクリートの護岸の景色が味気ないので、散歩道としてはイマイチ感のある部分です。川は飯田橋のところで大きく左折します。
  水道橋には名園の小石川後楽園、隣はウインズ後楽園(馬券に興味のある方はどうぞ)そして御茶ノ水駅。この辺で中野富士見町から10kmほどですので、この後河口までは次の第3回にしましょう。
   

戻る>

   
Copyright©2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.