PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(119)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore

京葉線を歩く(2)

 


 今回は潮見駅から残り部分を歩きます。この駅からは高架です。駅を出てすぐの交差点を左折してあけぼの北運河の砂潮橋を渡り200mほどの新砂2丁目の信号を右折して明治通りを歩きます。100mほどで夢の島大橋があり、昔の埋め立ての島である広大な「夢の島地区」に入ります。夢の島地区は現在は木々も大きくなり、緑豊かな区民の憩いの地区(夢の島公園)となっています。はずれにある巨大な煙突のある新江東清掃工場をのぞき、都立総合体育館・夢の島熱帯植物館・多目的コロシアム・陸上競技場・野球場など充実した施設があります。また昔の貯木場を活用した夢の島マリーナには沢山の美しいヨット・レジャーボートが係留されていて、まさに絵になる景観です。お勧めしたいのはマリーナのそばの第五福竜丸展示館です。                               テトラポットのある京葉線鉄橋
  京葉線の高架鉄道は夢の島と対岸の辰巳の森
海浜公園
の間の昔の貯木場跡の広大な水面を通っています。辰巳の森海浜公園もとても広い公園ですが、あまり施設はなく自然な広場といった感じで好感が持てます。
  明治通りと湾岸道路との交差点のを渡ったところに新木場駅があります。ここで営団有楽町線と乗り継ぐことができます。新木場駅の海側には広い貯木場を含む一大材木工場団地が広がっています。この最先端地区には若洲海浜公園や若洲ゴルフ場があります。貯木場は原木の輸入がなくなってからは使われておらず、昔の材木がいっぱい浮いた水面の「貯木場」の絵になる景観が見られないのはさびしいです。
  駅を出て湾岸道路を夢の島緑道公園沿いに1.5kmほど行くと荒川にぶつかります。ここに荒川河口最後の人の渡れる橋があることはあまり知られていないと思います。その名もまさに「荒川河口橋」です。1kmほどの長さで、歩道は上流側だけにあります。水面からかなり高いので、高所恐怖症のかたにはお勧めできません。渡ってすぐ右側は広い東京都下水道局葛西処理場が広がっています。そして右手に葛西臨海公園の大観覧車が見えてきます。新木場駅から3.2kmで葛西臨海公園駅に着きます。
  右手一帯は平成元年6月に開園した臨海部の自然環境を取り入れて、緑の浜辺・都民の浜辺・楽しい浜辺・頼もしい浜辺の4つをテーマに作られた葛西臨海公園です。広さはなんと795,831uとのことです。テーマパークではなく自然を存分に取り込んだ広大な広場・・・といった感じで、家族での行楽には大変よい公園です。京葉線は東京の埋め立て地区の海岸線を走っており、運河・海を楽しむことができるよい散歩道だと思います。

戻る>

   
Copyright©2009 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.