PORTAL TOKYO  

太石さんの
東京散歩(105)
トップページ太石さんの東京散歩
   

 

MoMAstore

京成金町線を歩く

 


 
  春近い矢切の渡し

  今回は2.5kmと短い支線ですが柴又帝釈天があるので歩くことにします。JR常磐線と連絡している京成金町と京成高砂とを結んでいます。高砂と柴又駅の間は単線です。
  京成金町駅を出るとすぐ水戸街道をくぐります。そしてしばらく柴又街道に沿って歩きます。左手には江戸川土手まである広大な都水道局金町浄水場があります。駅を出て約1.5kmほどで次の帝釈天のある柴又駅に着きます。駅前には映画でおなじみの寅さんの像が飄然と立っています。この町は昔から題経寺(柴又帝釈天)の門前町として知られていましたが、映画『男はつらいよ』の舞台となったことでさらに広く認知されるようになりました。
  駅から帝釈天に続く参道には川魚料理や寅さんで有名になった団子やさんやせんべいやさん、そしていろんなお土産やさんが軒を連ねています。境内も古いお寺らしく情緒があります。境内を抜けて江戸川の土手近くに100年続いているという川魚料理の『川甚』があり、その近くにはこれまた古い(大正初めごろ)東京都選定歴史的建造物に選定された庭のきれいな山本亭があります。さらに土手に並んで山本亭に隣接して寅さん記念館のある柴又公園があります。そして江戸川土手を降りると川原に矢切の渡しがある矢切の渡し公園が広がっています。
  矢切の渡しは千葉県の松戸市の矢切と柴又を結ぶ渡しで、現在も日曜日にはたくさんのお客が行き来しています。もっとも有名な割には渡し場はいまいちでひょろひょろの柳と粗末な渡し船の乗り場があるだけですが・・・。
  柴又駅から500mほどで終点の京成高砂駅です。この線は帝釈天のためにあるような感じです。
 

戻る>

   
Copyright©2008 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.