PORTAL TOKYO     食品


長命寺桜もち山本や 桜餅 

 初代の山本新六が隅田川土手の桜の葉を塩漬けにして桜餅を考案し、長命寺の門前で売り始めたのが享保2年(1717年)といいますから、お店には長い歴史があります。隅田川の花見には昔も今も「必需品」と言ってもいいほどの人気です。
 一般に桜もちは桜の葉1枚で作りますが、このお店の桜もちは塩漬けにした3枚の桜の葉で包んでいるのが特徴です。また、桜もちの食べ方として、包んでいる葉も食べるかどうかは好みによりますが、このお店の桜もちの場合は、塩漬けの葉の塩味が強く、桜もちにも葉の香りが移っているので、もちだけを食べる方が無難なようです。もちは皮が薄く上品な餡の甘さです。
 店内でお茶とセットでいただくのがいちばんですが、日持ちがしないので持ち帰る場合はその日のうちに食べるほうがいいでしょう。ただし桜のシーズンは持ち帰りのみです。

桜餅 1個180円
箱詰め 6個入 1200円
店内でいただく場合 「桜餅セット」 250円

Address 東京都墨田区向島5-1-14
Phone 03-3622-3266
URL  
Access

東武伊勢崎線曳舟駅から徒歩12分

Open 9:00〜18:00
Close 月曜日
Map 地図
 
       
       
 
Copyright©2009 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.