PORTAL TOKYO     食品
 


  梅花亭 和菓子 

 嘉永3年(1850年)に創業した老舗の菓子店です。
 嘉永6年(1853年)に初めて焼き菓子「亜墨利加(アメリカ)饅頭」を創作して人気を博し、二代目は「銅鑼」の型をした銅鑼焼(ドラヤキ)を創り出しました。このどら焼きは現在一般的に見られるものとは少し違いますが、どら焼きの元祖とも言われます。
  その後、まんじゅう、最中、羊羹などを作り続けて、「霊岸島と言えば梅花亭」とまで言われたほどの有名店になりました(霊岸島という地名は現在なくなり、新川2丁目)。
  歴史のある「亜墨利加饅頭」や「佛蘭西饅頭」のほか、「梅もなか」や明治時代に始めた一枚皮の「どら焼」、青えんどう豆を使った若草色餡の「みかさやま」などは、今も変わらない人気を保っています。
  この霊岸島の本店のほかに、日本橋小伝馬町と深川(富岡1丁目)にもお店があります。

Address 東京都中央区新川2-1-4
Phone 03-3551-4660
URL http://www.baikatei.asia/
Access

地下鉄東西線・日比谷線茅場町駅から徒歩3分

Open

9:00〜17:00(土曜日は15:00まで)

Close

日曜・祝日

Map 地図
 
       
       
 
Copyright©2015 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.