PORTAL TOKYO  



トピックス

トップページ東京街角情報トピックス
 

 

 

 

日本初のK-POP専用劇場「K THEATER TOKYO」オープン

 


  恵比寿ガーデンプレイス(所在地:渋谷区恵比寿)に、日本初となるK-POP(韓国のポップミュージック)専用の劇場「K THEATER TOKYO」が5月27日(金)にオープンします。

 「K THEATER TOKYO」とは、上質な文化の創出や発信を続ける恵比寿ガーデンプレイス内において、「韓国の最新エンターテインメントの提供と、気品あふれる劇場で、上質な音楽を発信したい」といったコンセプトに基づき、日韓交流のための最先端な劇場となることを目指して、恵比寿ガーデンシネマ(2011年1月28日閉館)跡地に誕生することになりました。

  「K THEATER TOKYO」は、株式会社CONTAINERによって運営されていくことになりますが、劇場の客席数は198席を設け、ステージとの一体感を大切にするためにワンフロアにて展開。初年度の集客目標は約10万人を見込んでいます。

 オープン初日となる5月27日には、東方神起やBoAを発掘し育て上げたプロデューサーKim Kyung-Wook(キム・ギョンウク)氏が手がけた大型男性エンタテインメントグループ「Apeace(エーピース)※総勢にして約30名」の中から、平均身長が185p以上となる選抜メンバー21名が来日し、歌唱力とキレのあるダンスを披露するApeace「HANA-one-」の公演が行われます。

  今回のApeace「HANA-one-」は、1グループ7名、全3グループ(lapis/jade/onyx)で構成され、1年以上にも及ぶロングランにて公演が行われることになります。
 *詳細については公式ウェブサイトhttp://www.apeace.jpをご確認下さい)。