PORTAL TOKYO  



街の風景

トップページ東京街角情報街の風景
   

 




なつかしい店

 

 職場の近く神田小川町で、まわりがビルだらけになってしまった今、ひと際目を引く下駄屋さん(よく見たら右から「山内商店」と看板がありました)。いつ消えてしまうかとハラハラしているのですが、健在です。
  店の引き戸は夏も冬も半分ほど開いていますが、中に入っていくら声をかけても誰も出てこない。奥の硝子戸の向こうに人影は見えるのだけれど、おじいさんとおばあさんだから聞こえないらしい!今どき不用心でしょうが。
  商品は雪駄が充実。土地柄神田祭のころにはうんと売れるのでしょうね。庭ではくようなサンダルも案外高いのですが、品質がとてもよい。とにかく1年でも1日でもがんばってねと、前を通るたびに思っています。

Contributor: 流 、2009年5月1日
    投稿する→