PORTAL TOKYO  



展覧会

トップページ東京街角情報展覧会
   

 





「竹のあかり 近藤昭作―60年のあゆみ―」展

 

 杉並松庵の蔵のギャラリー「蒼」は、「竹のあかり 近藤昭作―60年のあゆみ―」展を平成25年(2013年)5月17日(金)〜6月2日(日)まで開催いたします。
  近藤昭作さんは、近代照明史、工芸史に残る「竹のあかり」を制作した著名な作家です。
  戦後、近藤さんは「竹のあかり」を手掛けます。日本経済の復興と成長に伴い脚光を浴び、一世を風靡しました。昭和36年 旧ヤマギワ株式会社 小長谷兵五三代目社長が、西荻窪こけし屋で「あかり」を目にしたことがきっかけで世に広まり、故イサム・ノグチの「Akari」とともに日本を代表する作家として東京国立美術館や各美術館に出展されたほどです。また、近藤さんは現代生活における新しい工芸のあり方を模索するため日本クラフトデザイン協会でも意欲的に活動されました。
  本展は「竹のあかり」約45点を展示。中島龍興照明デザイン研究所の協力を得て、日暮れには「あかり」までのアプローチを愉しむ光の空間演出をお愉しみください。
  光・照明・文化を考え、素材と技とデザインが融合した創作の真髄と意義を再確認して頂く機会になればと願っております。


「竹のあかり 近藤昭作―60年のあゆみ―」展
会期:平成25年(2013年)5月17日(金)〜6月2日(日)
休廊日:月曜日
開催時間:11時より19時、金・土曜日20時(最終日17時まで)
入場料:無料
企画・主催:蒼 窪田幸子
協力:中島龍興照明デザイン研究所 中島龍興、厚東宏枝
会場:蔵のギャラリー「蒼」
  東京都杉並区松庵2-18-26 蔵

推薦文 中島龍興
  近藤氏の「竹のあかり」に初めて出会ったのは、私がヤマギワに入社して間もない1970年代初めのころです。当時、ヤマギワでは4つ目もち形のペンダント器具に人気の高かったことを覚えています。その後も「竹のあかり」は進化し続け、特に旅館や和風レストランなどに欠かせない光になっています。
  今回代表的な近藤作品を一堂に集めた展覧会が蔵のギャラリー「蒼」で開催されます。編み目の異なる竹のオブジェは白熱電球によって様々な光と影を創り出し、それが蔵の空間で相乗効果となって体感できることはまたとない機会になると思います。


お問合せ先: 蒼
 電話 03-3331-3681
 ファックス 03-3331-3682
 携帯 090-2475-3251
 E-mail gallery-so@nifty.com
*ご注意:蔵を改装した建物です。バリアフリー設備はございませんのでご了承ください。