PORTAL TOKYO  



展覧会

トップページ東京街角情報展覧会ほか
   

 

 
   

「あそびとまなびの種(たね)」

 

       
 遊びと学びはシームレス。人が育ち生きていく過程において、衣食住と等しく大切なことです。人は全力で遊び学ぶ時、大人は子どもにかえり、子どもは少し大人になります。年齢や性別など属性にとらわれず、日々の暮らしの中で自ら向き合い、人と人が出逢い、つながる場を提案します。歴史家のホイジンガは、“生物の種としての人間”について遊ぶことに本質的機能を認め、「ホモ・ルーデンス」(遊ぶ人)を提唱しています。遊びは、ものやひとを結びつけ、解き放ち、私たちを魅了します。この営みは、学びにも通じていそうです。人はみな、遊びと学びの種を持って、この世界に生まれてきたのではないでしょうか。創造する身体、想像するこころを架け橋に、有楽町の小さなスペースに生まれる持続可能なコミュニティという芽を、みなさまと一緒に遊びながら学びながら育みたいと考えています。

「あそびとまなびの種(たね)」展
会場 ATELIER MUJI
 東京都千代田区丸の内3-8-3インフォス有楽町 無印良品有楽町2F
会期 2015年7月14日(火)~2015年8月30日(日)
時間 10:00~21:00
入場料 無料
主催 無印良品
企画・運営 生活雑貨部企画デザイン室・無印良品 有楽町 ATELIER MUJI


関連イベント
PLAY-PRAY PAINT!
  ATELIER MUJI を大きなキャンバスに見立て、絵描きの松岡亮が真剣に遊びながら描いていきます。お天気のように、日々変わって行く空間をお愉しみ下さい。
開催日:7月14日(火)~7月20日(月.祝)、8月10日(月)~8月16日(日)
会場:無印良品 有楽町 ATELIER MUJI(見学自由・入場無料)

松岡亮(絵描き)

 絵を描く。ただただ描く。絵を描く事で、繋がり広がる。そしてまた、描く。遊び続ける。
http://www.ryoart.com

アノニマス文庫
  松岡さんが描いた絵を来場者が自由に切り取りノートに貼り付け、文章を記して綴じていく。知らない人同士が手を動かすことによってつながり、本として物語が紡がれるプロジェクトです。本棚に増えていく本を手に取って読んでも愉しめます。
  会場にて随時ご参加頂けます。
会場:無印良品 有楽町 ATELIER MUJI

縁側談義
  夏休みは、アトリエムジが縁側になります。飛び入り参加も大歓迎。ちょっと腰かけて美味しいコーヒーを飲みながら、1つのテーマについてみんなでおしゃべりしませんか?
「あそびとまなびの種を育てる。こどものこころの芽に、いつ、どう気づくのか?」
日時:7月16日(木)18:00~20:00
縁側ゲスト:小澤いぶき(児童精神科医、東京大学先端科学研究センター特任研究員)・L PACK(アーティスト)

「アートがあそびとまなびの種となる。なぜ日常生活にアートが必要か?」
日時:7月17日(金)11:00~13:00
縁側ゲスト:菊池宏子(アーティスト、コミュニティデザイナー)・L PACK(アーティスト)

「大切な遊び。大切な学び。大切な描き。」
日時:7月18日(土)13:00~15:00
縁側ゲスト:松岡亮(絵描き)・L PACK(アーティスト)

「有楽町の楽しみかた 今昔」
日時:7月30日(木)17:00~19:00
縁側ゲスト:有楽町today 編集部・L PACK(アーティスト)

「5年後に花開き、10年後の未来に実を結ぶ。ファミリー、パートナーシップ、今しかできないことは?」
日時:7月31日(金)11:00~13:00
縁側ゲスト:吉岡佑珠(幼児教育・ファミリー心理カウンセラー 子育て・教育アドバイザー)・ L PACK(アーティスト)

「在日ジャーナリストが見た有楽町」
日時:8月01日(土)13:00~15:00
縁側ゲスト:フランク・ロビション(epa 通信社 日本支局長)・L PACK(アーティスト)

会場:無印良品 有楽町 ATELIER MUJI
定員:各20 名程度
(参加費無料・公式web サイトから事前登録をいただいたお客様には、数に限りがございますがお席をご用意致します。)
イベントの詳細は、アトリエムジ公式サイトをご覧ください。
アトリエムジ公式サイト http://www.muji.net/lab/ateliermuji/


このページのトップヘ