PORTAL TOKYO  



舞台・演劇

トップページ東京街角情報舞台・演劇
   

 





かもめマシーン
「パブリック イメージ リミテッド」

 



 かもめマシーンでは、新作公演「パブリックイメージ リミテッド」を4月4日〜8日、下北沢小劇場楽園にて 上演いたします。今作では、敢えて2011年2月の新宿を舞台にしながら、現在のわたしたちの姿を描いています。
 もしかしたら今作は「演劇ではない」と言われるような作品なのかもしれません。観客を前提にしながら、観客と一緒に劇場内にどのような空間を作ることができるのか、といったことばかり考えています。ストーリーではなく、観客とともに空間を創り上げることこそが、僕にとって演劇の最も重要な部分だからです。
 ぜひ、ご来場をお待ちしております!(萩原雄太)


かもめマシーン「パブリック イメージ リミテッド 」
作・演出:萩原雄太

CAST
清水穂奈美、井黒英明、林弥生(海ガメのゴサン)、
横手慎太郎(シンクロ少女)、松原一郎

STAFF
照明:千田実(CHIDA OFFICE)、舞台監督:西村耕之
宣伝写真:内堀義之、宣伝美術:藤井隆史

公演スケジュール 2012年4月4日(水)〜8日(日)
4月4日(水)19:30
5日(木)19:30
6日(金)14:30/19:30
7日(土)14:30/19:30
8日(日)14:30/18:30
※開場は開演の30分前、受付開始は開演の45分前。

会場
下北沢・小劇場楽園
東京都世田谷区北沢2-10-18 藤和下北沢ハイタウンB棟地下1F

チケット料金
前売 2,000円
当日 2,200円

脚本付き前売り券※=2,400円
学生割引※=1,800円
初日割引※=1,800円
初見割引※=1,800円
※劇団予約のみ取扱い。初見割引は自己申告制

チケット予約
PC https://ticket.corich.jp/apply/34102/
携帯 http://ticket.corich.jp/apply/34102/

※フェスティバル/トーキョー一次審査通過中です!!
http://festival-tokyo.jp/12/koubo_result_1st/

STORY
私、は新宿、の東南口にいる。
待ち合わせをしてた。
けど、ユミカにドタキャンされた。
せっかく2時間かけて東京に出てきたっていうのに。

エジプトかどっかで革命が起こったらしい。

僕、は新宿、の東南口にいる。
ササキさんと募金活動をしている。
でも、まだ300円しか集まっていない。
缶の、コーンポタージュが美味しい。

おせちが、スカスカだったらしい。

新宿、で、通り魔の予告があったらしい。
明日、それは起こるらしい。
2011年2月10日、木曜日、PM14:00、晴れ。気温8℃。

NOTE
とても大きな変化があった。
でも、実際には、変わったことなんてほんの一部で、
別に何も変わってはいなかった。

一瞬で2万人が死んだ。
けど、相変わらず年間3万人が自殺している。

μSv/hという単位を覚えた。
でも、それが何を意味しているのかはわからない。
情報が信じられない。

じゃああなたは何を信じてるの?

いろんなことは、意外とあっさりバレた。
みんなで頑張って無視を決め込んできたのに、バレ
た。
けど、まだ、バレてないと思ってる。

新しいパブリックを始めよう。
希望を持つために。

かもめマシーン
東京都江東区深川2-24-3-301
090-2480-9434
kamomemachine@gmail.com
http://sites.google.com/site/kamomemachine


かもめマシーン
 2007年より東京都を中心に活動。カンパニー名は チェーホフの「かもめ」とハイナー・ミュラーの「ハムレットマシーン」に由来する。2010年シアターX国際舞台芸術祭参加。2011年には小劇場楽園(下北沢)にて『プライマルスクリーム』、SNAC(清澄白河)にてただ1人の観客に向けた一人芝居『XTC』、若山美術館(銀座)にてノーベル賞作家・エルフリーデ・イエリネクの戯曲『雲。家。』を上演。また、福島県双葉郡広野町で行った路上劇『ゴドーを待ちながら』はThe Wall Street Journalにも取り上げられ、注目を集める。