PORTAL TOKYO  



展覧会

トップページ東京街角情報展覧会ほか
   

 





いきmonoがたり
―「ファーブル昆虫記」&「シートン動物記」の世界―

 


覚えていますか――
アルマスの「昆虫の詩人」を
カランポーのオオカミ王・ロボを


はじめに
  世代を超えて読み継がれる『ファーブル昆虫記』と『シートン動物記』。
町田市民文学館の今夏の企画展では、誰もが幼い頃に読んだことのある昆虫の不思議な生態や、絶滅の危機にさらされながらも雄々しく生きる野生動物をテーマにした動物文学の名作を採り上げます。

展覧会の見どころ
  ことばらんどにオオカミがやってくる!(剥製だけど・・・)
  本展覧会では、『シートン動物記』の世界観をよりリアルに体感していただくために、ハイイロオオカミやヒグマをはじめ、アライグマ、アカギツネなどシートンが「動物記」でテーマとした動物の剥製を会場に展示します。
文学館としては初めての試みです!

 ことばらんどにフランスの昆虫たちもやってくる!(標本だけど・・・)
  本展覧会では、『ファーブル昆虫記』に描かれたフランスの昆虫たちの標本ボックスをご用意いたしました。日本ではなかなか目にすることのできない、珍しい昆虫たちの実物標本をご覧頂きます。

 絵本の挿絵原画、昆虫写真など、ビジュアル資料を多数展示します!
  文学展ってむずかしい、敷居が高そう、と思っている方はいらっしゃいませんか?
大人も子どもも一緒に楽しめるように、会場には美しい挿絵や装幀原画、昆虫写真のパネルなど沢山ご用意いたしました。

企画趣旨
  町田市在住の動物文学者・小林清之介(1920−)は、幼い頃に目覚めた昆虫採集のたのしみや、スズメをはじめとする野鳥の野外観察や飼育体験を通じて、絵本や幼年読み物の世界に、科学的な視点を採り入れてきました。本展では、小林清之介の目を通じて語られる『ファーブル昆虫記』や『シートン動物記』をご紹介します。

小林清之介(こばやしせいのすけ)
  1950年代から町田に暮らす。雑誌編集者を経て、著述業に専念。動物文学者・高島春雄、昆虫学者石井悌の指導で動物の飼育観察に打ち込む。角川源義、石川桂郎に俳句を学ぶ。「動物文学の基礎は、動物に対する理解と愛でなければならない」とし、大人向けの随筆や動物俳句から、童話、絵本など動物文学者として幅広い活動を展開する。ことに児童向けの「ファーブル昆虫記」(3種類)や「シートン動物記」は版を重ね、現在でも多くの子どもたちに愛読されている。

開催概要
展覧会名 いきmonoがたり ―「ファーブル昆虫記」&「シートン動物記」の世界―
主催   町田市民文学館ことばらんど
会場   町田市民文学館ことばらんど 2階展示室
会期   2012年7月21日(土)〜9月23日(日)
観覧時間 10:00〜17:00
休館日  毎週月曜日(ただし9月17日は開館)、8月9日(木)、9月13日(木)
観覧料  無料
交通案内 JR横浜線町田駅から徒歩8分、小田急線町田駅東口から徒歩12分
展示協力 神奈川県立 生命の星・地球博物館 株式会社チャイルド本社
展覧会URL
http://www.city.machida.tokyo.jp/bunka/bunka_geijutsu/cul/cul08Literature/
bungaku/20120530111214503.html


本展に関するお問い合わせ
町田市民文学館 ことばらんど 担当:谷口/杉本まで
電話:042-739-3420
FAX:042-739-3421
〒194-0013 東京都町田市原町田4−16−17

関連イベントのご案内

オープニングイベント
「いきmonoパラダイス 動物たちについて語ろう!」
日時:7月21日(土) 10:00〜11:30
おはなし:あべ弘士(絵本作家)さん
定員:100名(先着順)
※事前申込不要 直接文学館2階展示室へお集まりください。
  北海道・旭山動物園での飼育係時代に色々な動物たちを触れ合った経験を持つ絵本作家のあべ弘士さん。最新自作絵本の読み聞かせと、現在でも、動物たちの取材のために世界各地を旅するあべさんに、いきものと仲良くなる秘訣をうかがいます!

おはなし会
紙芝居とアニメで楽しむ 〜 いきmonoがたりがいっぱい! 〜
日時:7月29日(日)、8月18日(土)、各日とも10:00〜11:30
上演:町田かみしばいサークルふわふわ座
定員:各日100名(先着順)
※事前申込不要 直接文学館2階大会議室へお集まりください。

大人向け講演会
「養老孟司の体験的『昆虫記』〜僕が「虫屋」になった理由(わけ)〜」
日時:9月2日(日)14:00〜15:30
講師:養老孟司(東京大学名誉教授)先生
定員:80名(申込順)
※申込方法:8月1日(水)12:00〜
  イベントダイヤル電話:042-724-5656で受付開始
  大の昆虫好きとして知られる養老孟司先生。幼い頃から今日まで、養老先生を魅了してやまない虫たちの魅力について存分に語っていただきます!

担当学芸員によるギャラリー・トーク
日時:7月25日(水)、8月4日(土)、8月22日(水)、9月5日(水)、14:00〜15:00
※事前申込不要 直接文学館2階展示室にお集まりください。