PORTAL TOKYO  



展覧会

トップページ東京街角情報展覧会ほか
   

 





FUJIFILM SQUARE 企画写真展
「星野道夫 アラスカ 悠久の時を旅する」

 


  夏、川を遡上するサケを求めてやってきたグリズリー           (c)星野道夫


 1996年に取材中の事故でなくなった写真家星野道夫(1952〜1996)は、没後16年を経た現在においても、心を打つ大自然や動物の写真と、美しい文章で多くのファンを魅了しています。この写真展では、星野道夫氏が1973 年に初めて足を踏み入れたアラスカの村の記録から、亡くなる直前まで撮影をしていたロシアのカムチャツカ、チュコト半島の未発表写真までを展示し、旅を終えることなく急逝した星野道夫の足跡をたどります。
  北極圏の大自然、極北の大地に生きる人々、18年間アラスカに暮らしてとらえてきた野生動物たちの神秘。それら、彼が出会った自然と人と生命を通じ、どのように写真家として成長していったかを追う写真展です。そして未完の作品群から「自然と人のかかわり」を追い続けた星野の果てしない旅に思いを馳せていただければと思います。

開催概要
会期: 2012年11月16日(金)〜2012年12月5日(水)
時間: 10:00〜19:00(入館は18:50まで)10:00〜17:00
会場: 東京ミッドタウンFUJIFILM SQUARE内 富士フイルムフォトサロン
      東京都港区赤坂9-7-3
      TEL 03-6271-3350
      http://fujifilmsquare.jp/

休館日: 期間中無休
入場料: 無料
主催: 富士フイルム株式会社:
後援:港区教育委員会
協力:星野道夫事務所
企画:株式会社クレヴィス


星野道夫略歴
 星野道夫は、学生の頃から北方の自然への憧れを抱いていた。大学生の時にアラスカ・シシュマレフ村で一夏を過ごし、その後アラスカの自然と深く関わるため、写真の道を選んだ。
  1952年千葉県生まれ。慶應大学を卒業後、田中光常氏の助手を経て、アラスカ大学野生動物管理学部で学ぶ。以降、原始性と純粋性を内包したアラスカの自然、野生動物の生命の営み、自然とともに生きている人々の暮らしを追い、時代とともに変わっていくアラスカを見続け、写真と文章で記録していった。多くの国内誌をはじめ、『National Geographic』『Audubon』などの海外誌にも作品を発表し、その仕事は高い評価を得てきたが、1996年、取材先のカムチャツカ半島クリル湖畔で、ヒグマの事故により急逝。
  受賞歴に、アニマ賞、木村伊兵衛写真賞、日本写真協会特別賞がある。
このページのトップヘ