PORTAL TOKYO  



個展

トップページ東京街角情報展覧会
   

 





本多精之輔パステル画展

 


美術学校を卒業とともに広告界に入り、久しく画筆から遠ざかっておりましたが、
このたび美の世界を志した春秋の時代を想い出し、ふたたび画筆を走らせてみました。
二つの主題に思いをこめて描いた意図をご理解いただきつつご高覧いただければ幸いです。

「それぞれのイノセント」

第1章・遠い想い出のなかの少女
少女から女性へと成長してゆくほんの短い時期に漂う女の移ろい。
無垢であるが故の不安、緊張、恥じらい。
揺れる情感の中に漂う神秘性。
思わず少女の内面を覗き込みたくなるような衝動を表現してみたく、
画筆を走らせました。


第2章・幻想のなかに溶けゆくヴェネチア

   

 (C)Seinosuke Honda

キャサリン・へプバーン演ずるところの「旅情」の観光地ヴェネチアではなく
ルキノ・ヴィスコンティ描くところの「ベニスに死す」の世界を。
崩れ行く華美な貴族社会と、けだるく退廃の美を
彷彿させる幻想のヴェネチア、
その風景の中へヴィスコンティのオマージュという感懐を
こめて描いてみました。

期間: 2008年10月13日(月)〜19日(日) 
     11:00〜19:00(13日、19日は17:00まで)
会場: 銀座 幸伸ギャラリー
     EL/FAX 03-3572-3888
     http://kosin.blog76.fc2.com/
     東京メトロ銀座駅(銀座線・日比谷線・丸の内線)A2出口徒歩5分
     交詢ビル真向い 銀座グラフィックギャラリー隣り
    

Contributor: 本多、2008年9月3日

 
    投稿する→