PORTAL TOKYO  



展覧会

トップページ東京街角情報展覧会ほか
   

 

   

「没後25年 日影丈吉と雑誌宝石の作家たち」展

 
 
幻想とは真実の世界に橋をかける虹である。―日影丈吉

  1949年「かむなぎうた」で探偵小説専門誌「宝石」の懸賞小説短篇部門二席を受賞し、41歳の遅い作家デビューを果たした日影丈吉。江戸川乱歩に「殆ど完璧の作品」と激賞された本作は、彼の幼少時の記憶に、日本の土着的な雰囲気を纏わせた新しい幻想ミステリとして文壇に迎えられました。彼の作風は、はじめ純文学の香りのするミステリとして評価された後、その幻想性によって、澁澤龍彦や種村季弘ら幻想文学者たちからも愛されました。
一方、デビュー前からフランス語が堪能だった日影は、戦前戦後にわたって若い料理人にフランス語やフランス料理の知識を伝える講師を務めて、多くの名料理人を育てました。デビュー後には「オペラ座の怪人」や〈メグレ警部シリーズ〉など、フランス文学の翻訳家、紹介者としても活躍しています。                 
  本展では、推理作家として、また幻想文学者、翻訳家として多方面に活躍し、晩年のおよそ20年間を町田に過ごした日影丈吉の仕事をご紹介します。また、「宝石」の編集長を務めた江戸川乱歩、同誌上に金田一耕助を初登場させた横溝正史、詩人であり「宝石」の主幹としても活躍した城昌幸、日影と同様に「宝石」からデビューした山田風太郎など、戦後のミステリ界を支えた作家たちの仕事を同時に展観します。

「没後25年 日影丈吉と雑誌宝石の作家たち」展
[会期]
 2015年10月17日(土)~12月20日(日)
[休館日] 毎週月曜日(11/23を除く)、第2木曜日
[観覧時間] 10:00~17:00
[観覧料] 一般:400円、大学生・65歳以上200円、高校生以下無料
※ただし10月17日、10月25日、11月3日、12月20日は入場料無料
[特別協力] 県立神奈川近代文学館/公益財団法人神奈川文学振興会 
[協力]
大田区立郷土博物館、世田谷文学館、ミステリー文学資料館、 弥生美術館、立教大学江戸川乱歩記念大衆文化研究センター、国書刊行会
[主催・会場] 町田市民文学館ことばらんど

《作家紹介》
日影 丈吉 
Jokichi Hikage (1908-1991)
 東京深川生まれ。本名:片岡十一。魚問屋を営む父を4歳で亡くし、日本橋に育つ。兄の影響で中学時代より探偵小説を愛読。10代でカトリック教会に通い受洗した(洗礼名・受安)。画家を目指して川端画学校に通う一方、アテネ・フランセでフランス語を習得。1943年応召し、台湾に駐屯。同地での見聞は、後に発表した長編『内部の真実』『応家の人々』などに生かされた。49年、「宝石」の懸賞に応募し、「かむなぎうた」で作家デビュー。56年「狐の鶏」で第9回日本探偵作家クラブ賞を受賞。フランス語の豊富な知識を生かし、ガストン・ルルー『オペラ座の怪人』などを翻訳。終の住処となった町田には73年より居住。他界する前年の90年『泥汽車』で第18回泉鏡花賞を受賞。
写真:妻と姪と一緒に(1960年代前半)


関連イベント
※すべてのイベント参加には、入場券もしくは入場券半券が必要です

映画上映会

和田誠監督作品「怖がる人々」上映会
内容:日影丈吉「吉備津の釜」を含む、ちょっと奇妙で怖い世界を映画化
した5話のオムニバス作品を上映します。
日時:10月31日(土) 午後1時30分から3時30分
会場:町田市民文学館2階大会議室
定員:60名(申込順)
申込:10月1日(木)正午から、町田市イベントダイヤルで受付。
電話:042-724-5656

記念講演会

①「偏愛蔵書室 文学の舶来幻術師―日影丈吉」
講師:諏訪哲史(作家)
日時:11月15日(日)午後2時から4時
会場:町田市民文学館2階大会議室
定員:70名(申込順)
申込:10月11日(日)正午から町田市イベントダイヤルで受付。
電話:042-724-5656

②「幻妖のフォークロア 日影丈吉のいる日本幻想文学史」
内容:雑誌「幻想文学」の編集長を約20年にわたって務めた東雅夫氏。
かつて同誌の企画で、日影丈吉にインタビューも行っています。怪奇幻
想小説を中心とする評論やアンソロジーの編纂等で定評のある東氏に、
幻想文学における日影丈吉の魅力を分析していただきます。
講師:東雅夫(文芸評論家)
日時:6月20日(土)午後2時から4時
会場:町田市民文学館2階大会議室
定員:70名(申込順)
申込:5月21日(木)正午から町田市イベントダイヤルで受付。
電話:042-724-5656

朗読×影絵イベント
内容:東京造形大学大学院〈Hachioji影絵プロジェクト〉の学生さん
による影絵と池田稔さんによる朗読とのコラボレーションで、日影
丈吉の幻想世界を表現します。
日時:12月5日(土)午後3時から4時
幻燈:東京造形大学大学院〈Hachioji影絵プロジェクト〉
朗読:池田稔(俳優・劇団「大人の麦茶」)
定員:50名(申込順)
申込:10月21日(水)正午から町田市民文学館で受付。
電話:042-739-3420

朗読会
①池田稔朗読会「かむなぎうた」
朗読:池田稔(俳優・劇団「大人の麦茶」)
日時:11月29日(日) 午後2時から3時
会場:町田市民文学館2階大会議室
定員:60名(当日先着順)
申込:不要 直接、文学館2階大会議室にお集まりください。

鈴木弘秋朗読会「猫の泉」
朗読:鈴木弘秋(俳優・劇団・「文学座」)
日時:12月12日(土)午後2時から3時
会場:町田市民文学館2階大会議室
定員:60名(当日先着順)
申込:不要 直接、文学館2階大会議室にお集まりください。

ギャラリートーク(展示解説)
内容:本展の担当学芸員と一緒に展覧会を廻ります。
日時:10月27日(火)、11月8日(日)、11月17日(火)、12月20日(日) いずれも午後2時から(40分程度)
申込:不要 直接、文学館2階展示室にお集まりください。

お問い合わせ
町田市民文学館ことばらんど
〒194-0013 東京都町田市原町田4-16-17
TEL042-739-3420/FAX042-739-3421
・JR横浜線「町田駅」ターミナル口から徒歩8分
・小田急線「町田駅」東口から徒歩12分