PORTAL TOKYO  



展覧会ほか

トップページ東京街角情報展覧会
   

 





第14回「文化人・芸能人の多才な美術展」

 


       
                                          ブータン王国国王の作品


  「文化人・芸能人の多才な美術展」は、文化の世界で先導的役割を担っている文化人や芸能人の方々に、「拡げよう文化の輪・芸術は世界を救う!」をテーマに、様々なアート作品を制作してもらい、これらを一堂に会し、世代を越え、ひとりでも多くの人々にアートの素晴らしさを伝えようとするものです。
  今回の初出品作家は、日本をこよなく愛し、先の震災の被災地にも赴かれ、深き祈りを捧げてくださったブータン王国国王王妃両陛下をはじめ、現職警視総監の樋口建史氏、昭和の大スター 故・石原裕次郎氏、現在の音楽業界をリードするTAKAHIRO氏(EXILE)、平成の注目子役である鈴木福くん、注目裁判の弁護を行う弁護士の弘中惇一郎氏、日本画家の松井冬子氏、美術家 横尾忠則氏の御令嬢でアーティストの横尾美美氏他、23名が新たに加わり、総勢にして過去最大の100名もの作家が参加するとともに、169点の作品を一堂に展示します。

第14回「文化人・芸能人の多才な美術展」

開催日時
 2012年9月17日(月祝)〜9月29日(土)
 10:00〜20:00(入館は19時30分まで)
 ※最終日は15時閉場

会場
 霞が関ビルディング プラザホール
 東京都千代田区霞が関3-2-5
アクセス
 東京メトロ銀座線「虎ノ門駅」 11番出口より2分。
 東京メトロ千代田線・日比谷線・丸ノ内線「霞が関駅」A13番出口より6分。
入場料
 一般500円(税込み・小学生以下無料)
お問い合わせ
 「文化人・芸能人の多才な美術展」実行委員会事務局
 http://www.laris.co.jp/
 03-5771-6555