PORTAL TOKYO特選街国立市

大学通り(→拡大写真

国立
かつての国立駅(→拡大写真
 

国立

 JRの駅は国分寺駅と立川駅の中間にあるので国立駅と名付けられ,それが市の名前ともなった。
  駅の南側はまっすぐに大学通りが延び,放射状に富士見通りと旭通りが左右に延びている。大学通りは一橋大学があるのでこの名が付いた。幅広い通りの両側には桜とイチョウが交互に植えられてすっきりと美しい街並みを作り出している。
  大正15年(1926年)に開業した国立駅のとんがり屋根の駅舎は,国立のシンボルとして市民に愛されてきたが、JR中央線高架化工事のため平成18年(2006年)に解体され保存されており、2020年の完成を目指して復元される予定になっている。

Address 東京都国立市
Phone
URL
Access JR中央線国立駅下車
Open
Close
Fee
Map 地図
 

街角情報   国立の桜2016  
「東京街角情報」への投稿記事から,関連記事をご紹介します



 


 
     やっぱり私は国立の桜が一番好き。大学通りの中ほどに1箇所だけ歩道橋があり、そこは花を見る一番人気のスポットです。
  ということで昨日私も歩道橋へ。しかし、鈴なりの歩道橋は人でいっぱい。そのせいかグラグラと揺れていました。歩道橋が落ちるかもしれないと心配で、急いで写真を撮って、早々に切り上げました。今年も綺麗な桜でした。
        
Contributor:ピーチ、2016年4月4日
 
  国立の桜2011  
 
 

 今年の桜は去年より少し遅かったけど、また出合えました。大学通りをぶらぶら歩くと菜の花も美しく咲いていました。桜と菜の花が一緒に見られることにこれまで気づきませんでした。桜だけに目が行っていたのだろうと思います。
 一橋大学の学生たちが運営しているお店「とれたの」でルッコラとほうれん草を買ったので、きょうはルッコラと生ハムのサラダ、ほうれん草のグラタンにすることにしました。
        
Contributor:ピーチ、2011年4月12日


 
    国立駅その後(2)  
   
 

  中央線の高架化の工事が終わり、国立駅は写真のように個性のない駅になってしまいました。時の流れを感じないわけにはいきません。
 かつてのとんがり屋根の駅舎が正面に見える国立の風景は私のお気に入りのスポットのひとつだったのですが、お気に入りではないスポットになってしまいました。
 風景にうるおいがなくなってしまったような気がします。
        
Contributor:ピーチ、2010年11月24日

 
    国立の桜2010  
   


  都内にはあちこち桜の名所がありますが、私は地元の国立の桜がいちばん好きです。広い大学通りの桜が先日の土曜日には満開になりました。国立駅から南へ歩いて行くと1か所だけ横断歩道橋があり、その橋の上は写真撮る人たちで鈴なりでした。
  桜の後は新緑、そして秋の黄葉と、大学通りは季節の移ろいが感じられる大好きな通りで、ミルクトップで買ったアイスクリームを食べながら友人と今年も美しい桜を楽しみました。
 姿を消して気になっていたかわいい三角屋根の旧国立駅も復元されることになったそうです。よかった。よかった。
        
Contributor:ピーチ、2010年4月8日


 
    国立の秋  
   
  大学通りと桜通りは国立の桜の名所ですが、イチョウの黄葉もきれい。神宮外苑のイチョウ並木も今が真っ盛りの美しさのようですが、国立のイチョウも今年もみごとな美しさです。 国立の場合、桜とイチョウとが交互に植えてあるのですが、この桜通りの谷保第3公園脇はイチョウが続いていて、私の好きなスポットです。
  昨日はとてもいい天気だったので、散歩に出かけました。少し散り始めていてちょっと遅かったかなという感じですが、今年も美しい秋です。
        
Contributor:ピーチ2008年12月1日

 
    国立のさくら通り  
   
  桜が咲いたと思ったら、あっという間にきょうは満開に近い状態になりました。
  国立の桜は大学通りとさくら通りのどちらもきれいですが、さくら通りのほうがおすすめ。桜のトンネルのようになっていました。大学通りは道幅が広く、なかなかいい写真が撮れませんでした。
        



Contributor:ピーチ、2008年3月26日

 
    国立駅その後  
   
 駅舎が消えて、今はこんな風景になっています。解体された駅舎は中央線の工事終了後に復元することを目指して保存されているそうですが、どうなるのでしょうか。私の好きな大学通りでは、早咲きの桜が花を咲かせ始めました。春はもうすぐですね。

       

Contributor: レモン2007年2月27日

 
    国立駅が消えた!    
   
 穏やかな秋の日射しに誘われて、国立のお決まりのコースを散歩しました。国立駅は今月初めから解体工事が始まり、消えてしまいました。寂しい。ニューヨークの自由の女神を消すマジシャンのことを思い出しました。国立駅もマジックで消されて、またあのかわいいとんがり帽子の駅舎が姿を現すかもしれない・・・。大学通りは色づき始めましたが、イチョウの黄葉はまだこれからです。

   
     とんがり帽子のかわいい駅舎が消えてしまった。

Contributor: ピーチ2006年11月24日

   
    好きな風景が消える    
   
  昨日、国立駅に仮囲いができて、とうとう駅舎の解体準備工事が始まりました。解体工事が本格化するのは11月だそうですが、もうすぐ私が好きなこのとんがり屋根の駅舎ともお別れだと思います。7日にはお別れ撮影会が行われましたが、きょうも多くの人たちが写真に収めていました。
  新しい国立駅はどんな姿になるのか楽しみですが、古いものが消えていくのは、やっぱり寂しいですね。

    
     仮囲いができて、駅は左となりの仮駅舎に移っています。

Contributor: ピーチ、2006年10月10日

   
    気になるお店    
   
 私の好きな国立の大学通りを散歩しながら南に歩いて行くと、さくら通りと交差します。その角に写真のお店があります。夏はいつも戸を開けっ放しで、店の中が丸見え。アジアの雰囲気が漂っていて気になるお店です。女の子が一人で食べている姿を見たことがないので、私はついためらってしまい、まだ一度も入ったことはありませんが、なんとなくおいしそうな感じがします。
  大学通りには小さなおしゃれな店などが多いのですが、このお店はその中でも異色の存在で際だっています。「日本もアジアなんだなあ」とほっとした気分になるのです。

 
 お店の名前もユニーク。

Contributor: ピーチ2006年9月16日

   
    私も国立市の大学通りが好き    
   
  私も昨日のピーナッツさんと同じです。国立市の大学通りが好きです。
 神宮外苑の並木道もイチョウの季節には美しいのですが,大学通りは道幅が広く,空が高いのがいいです。それに,外苑はどこか人々の生活のにおいがなくよそよそしい感じがするのに比べて,大学通りは普段着でも歩けるような暮らしに密着した感じです。一橋大学の方まで行くと,ときどきフリーマーケットが開かれたりしていて,日曜日の散歩などは本当にくつろいだ気分になれますね。

Contributor:ピーチ、2006年4月22日


   
    国立市の大学通り    
   
  国立駅の南口から大学通りがまっすぐに延びています。春には桜,秋には銀杏が通りをゴージャスに彩ります。この通りを散歩するのが好きです。通りにはおしゃれな雑貨店やレストラン,ケーキ屋さん,紀ノ国屋があります。ちょっと通りから横道に入ると陶器屋さんやギャラリーもありゆったりとした散歩が楽しめます。東京で一番好きな散歩道です。
 正面に見えるとんがり屋根の国立駅も国立というセンスのいい街にふさわしく好きなのですが,今年の秋には中央線の高架化のため 取り壊されるということでとても残念です。
 http://www.city.kunitachi.tokyo.jp/~kikaku/01kikaku/01145/
01145_1_09.html


Contributor: ピーナッツ、 2006年4月21日
   
Copyright©2005-2016 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.