PORTAL TOKYO特選街小金井市

拡大写真

稲穂神社

 JR武蔵小金井駅の北西、徒歩12分。承応3年(1654年)、下小金井の新田開発のため、江戸麹町の山王宮(現在の山王日枝神社)から分霊を勧請して創建され、旧下小金井村の鎮守として地元の崇敬を集めてきた。明治時代になって神仏分離令により稲穂神社と改称し、そのため山王稲穂神社とも呼ばれる。
  境内はそれほどの広さはないが、平成18年(2006年)夏の甲子園で優勝した早稲田実業高校のナインがこの神社のお守りを持っていたことで脚光を浴びた。境内にはほかに疱瘡神社、稲荷神社がある。

Address 東京都小金井市本町5-41-36
Phone 042-381-2930
URL http://www2.odn.ne.jp/inaho-koganei/
Access JR中央線武蔵小金井駅北口から徒歩12分
Open  
Close  
Fee
Map 地図
       
 
Copyright©2008 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.