PORTAL TOKYO特選街調布市

拡大写真

糟嶺神社

 京王線仙川駅の南,徒歩約20分。農業の神である糟嶺大神を祭っており、旧入間村の鎮守社で、陵山(みささぎやま)と呼ばれる小高い丘(墳陵)の上にある。
 宝暦年間(1751〜1764)の創建と伝えられるが明らかではない。また小高い丘は墳陵とされるが、古墳かどうかは明らかではない。はじめは墳陵の下に社殿があったが、宝暦8年(1758年)年に現在地に移った。
 社殿は関東大震災で倒壊し、大正14年(1925年)に再建された。境内には末社として2つの稲荷社と天満天神社があり、この隣の墳陵の低地には明照院がある。

Address 東京都調布市入間町2-19-13
Phone  
URL  
Access 京王線仙川駅から徒歩20分,調布駅から成城学園駅行きバスで明照院前下車徒歩3分
Open  
Close  
Fee  
Map 地図
       
 
Copyright©2012 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.