PORTAL TOKYO特選街府中市

拡大写真

下河原緑道

 京王線府中駅の西,徒歩8分。甲州街道を起点として南へまっすぐ延び,最後は大きくJ字型のカーブを描いて京王線中河原駅方面に至る3.6kmの遊歩道。
  明治43年(1910年),多摩川の砂利を運ぶために東京砂利鉄道が設置されたのがはじまり。その後国鉄下河原線となり,昭和51年(1976年)に廃線になってその跡地を府中市が遊歩道として整備したもの。
  自転車と歩行者の専用道で,住宅街や田畑地帯を一直線に延びる道はよく整備されている。道の両側には緑が多く,季節の花で彩られており,地元の人々や鉄道の廃線跡を歩くファンなどにとって格好の散歩コースとなっている。

Address 東京都府中市三好町〜南町
Phone  
URL  
Access 京王線府中駅から徒歩8分,京王線・JR分倍河原駅から徒歩5分,JR府中本町駅から徒歩5分,京王線中河原駅から徒歩7分
Open  
Close  
Fee  
Map 地図
       
 

街角情報   誰が?  
「東京街角情報」への投稿記事から,関連記事をご紹介します。  


       
  府中市の下河原緑道を散歩していたら、道ばたに子どもたちが遊んでいる様子の彫像がありました。誰がかぶせてあげたのでしょうか。市の職員の方でしょうか。みんな毛糸のお帽子をかぶっていてとてもかわいい感じでした。ほのぼのとした気分になりました。季節が変わったらお帽子も変わるのでしょうか?

Contributor: ピーチ、2007年12月10日
 

 
  一石二鳥のウォーキング  
 
 近くに「下河原緑道」という散歩道があり,ウォーキングを兼ねて出かけます。昔は鉄道が敷かれていて,廃線になったあとに府中市が買い取って整備したそうです。誰が手入れをするのか知りませんが,道の両側には季節の草花が咲いています。
  中央高速の下をくぐってさらに南へ行くとサントリーのビール工場の裏を通ります。このあたりから畑が広がり,農家の野菜直売所があります。泥ネギ,大根,小松菜,ほうれん草などとれたての新鮮な季節の野菜を売っています。
 ときどき帰りにここで野菜を買うのですが,私のおすすめはルッコラ。みずみずしくてとてもおいしく,夕食は腕をふるってイタリアンとなるのです。ルッコラを買い求めるためにウォーキングをしているような気もして,健康と美味の一石二鳥です。


Contributor:レモン 2006年6月10日


 
Copyright©2005-2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.