PORTAL TOKYO特選街府中市
大国魂神社
大鳥居(→拡大写真


拝殿(→拡大写真

大國魂神社

 京王線府中駅の南,徒歩5分。社伝によると景行天皇41年(111年)の創建。大化元年(645年)、武蔵国の国衙の斎場となり、武蔵総社となった。江戸時代には徳川家康が社領500石を寄進し,幕府の厚い保護を受けた。多摩地区の中では規模の大きな神社のひとつにあげられる。
  京王線府中駅の西から国の天然記念物のケヤキ並木がつづき、神社はその突き当たりにある。境内はかなり広く、うっそうと茂る樹木の中に本殿,拝殿,神楽殿,鼓楼,宝物殿などがある。鼓楼は嘉永7年(1854年)に再建されたもの。町に時を知らせたもので府中市の有形文化財に指定されている。
  いろいろな祭事がおこなわれるが,その中でも特に5月のくらやみ祭りが最も有名。夕方から8基の神輿と日本一といわれる大太鼓が街に繰り出し壮観な祭りの光景を展開し、東京都の無形民俗文化財に指定されている。ほかに,青袖祭り,すもも祭り,くり祭りがよく知られており、初詣の参詣客も多い。
  境内とその東側の一帯は、平成21年(2009年)、「武蔵国府跡」として国の史跡に指定された。

Address 東京都府中市宮町3-1
Phone 042-362-2130
URL http://www.ookunitamajinja.or.jp/
Access 京王線府中駅から徒歩5分,JR府中本町駅から徒歩5分
Open
Close
Fee
Map 地図

街角情報   光り輝く随神門  
「東京街角情報」への投稿記事から,関連記事をご紹介します。


  府中市の大國魂神社を通りかかったら、真新しい随神門が完成したばかりの様子でした。いずれ門の奥の本殿の屋根のように緑色になるのでしょうが、銅葺きの屋根が光り輝いていました。このように完成したばかりの建築物に出合うのは偶然の出来事だとしても、神様のお招きのように思えてうれしくなりました。


Contributor: 流れ雲、2011年4月16日

  大國魂神社のくらやみ祭り
 
 

  私って祭り好きかしら? まだ見たことがなかったので、先週、府中市の大國魂神社のくらやみ祭りを見物に出かけました。夕方、神社から大太鼓が6台、ゆっくりゆっくりと出てきました。日本一の大太鼓だそうです。その音はお腹にずんずんと響いてきました。
 沿道は鈴なりの人出。みんな携帯やデジカメを構えていて、まるでロックコンサートで手拍子を打つ風景のようでした。
  この後、神輿が出てくるのですが、太鼓が出終わるまで1時間もかかり、暗くなってきて神輿の写真はどれも手ぶれになってしまいました。今度は暗い中で写真を撮る準備をして出かけることにしたいと思います。迫力は満点。私が見たことがある祭りではいちばんです。

Contributor: ピーチ、2010年5月12日

  大國魂神社のくり祭り  
 


 まだ見たことがなかったので、昨夕大國魂神社のくり祭りに出かけました。ケヤキ並木には山車がたくさん並んで神楽を演じていました。大鳥居をくぐると参道の両側には社殿までずらりと行灯が並んでいて、日本情緒豊かな情景でした。行灯の数は260本だそうです。
  この神社は有名なくらやみ祭りのほか、このくり祭りやすもも祭りなどユニークなお祭りがあるので好きです。露店も並んでいて、きゅうり1本漬けというものが売られているのを初めて見ました。露店でよく売っているフランクフルトソーセージのように、きゅうりに割り箸をさしたもので1本200円でした。これもユニークでうれしくなりました。

Contributor: ピーチ、2008年9月29日

 
    日本の風景・大國魂神社    
   
  府中市の大國魂神社は多摩地区の代表的な神社だろうと思います。特にくらやみ祭りは有名です。先日通りかかったら、境内の参道にずらりと提灯が並んでいました。「日本の風景だ!」と思いました。



Contributor: ピーチ2007年11月12日


   
Copyright©2005-2011 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.