PORTAL TOKYO特選街三鷹市

玉川上水沿いの道
( →拡大写真)

三鷹

 三鷹の名はかつて徳川将軍家や御三家が鷹狩を行った村であったことに由来すると伝えられている。江戸時代には新田や玉川上水などの開発が行われて発展の礎を築いた。
  明治・大正期までは純農村地帯であったが、昭和5年(1930年)年に甲武鉄道(現在のJR中央線) の三鷹駅が開設されてからは住宅地として発展した。三木露風や亀井勝一郎・山本有三・武者小路実篤・太宰治など多くの作家や詩人たちが住んだ街として知られ、市内には彼らにゆかりの場所が多い。平成20年(2008年)には、「太宰治文学サロン」が新たにオープンした。
  JR三鷹駅を中心に南北に繁華街が広がり、三鷹駅南口から玉川上水に沿って井の頭公園に至る道は多くの人々から散歩道として愛されている。道の途中、太宰治が女性と入水心中した場所には青森県金木町産の「玉鹿石」が置かれている。

三鷹・吉祥寺略図

Address 東京都三鷹市下連雀3丁目、上連雀2丁目、仲町1丁目ほか
Phone  
URL  
Access JR中央線三鷹駅下車
Open  
Close  
Fee  
Map 地図
       
 
Copyright©2008 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.