PORTAL TOKYO特選街葛飾区


帝釈堂(→拡大写真


二天門(→拡大写真

題経寺(柴又帝釈天)

 京成金町線柴又駅の東,徒歩5分。松竹映画「寅さんシリーズ・男はつらいよ」の舞台として広く知られたお寺。柴又駅から題経寺へ向かう道の両側には,草だんごや塩せんべいなどなどの店が並び,昔懐かしい風景が広がる。
  寺は寛永6年(1629年)日忠上人の草創と伝えられ,日蓮上人自刻といわれる帝釈天板本尊を祭っている。この板本尊は長年行方不明になったが,安永8年(1779年)の本堂改修の際に発見され、この日が庚申の日だったため、帝釈天と庚申信仰が結びついたとされる。
  庚申の日に行われる大祭は参詣者で大にぎわいとなる。二天門を入ると正面に帝釈堂、右手に本堂が建ち並んでいる。見どころとして,帝釈堂内陣外側に「十二支」「日蓮一代記」など一流の彫刻家による彫刻ギャラリーと,回廊式の大庭園である邃渓園(すいけいえん)がある。さらに、本堂の奥には東京都の歴史的建造物に選定されている 大客殿があり、見どころが多い。

Address 東京都葛飾区柴又7-10-3
Phone 03-3657-2886
URL http://www.taishakuten.or.jp/
Access 京成金町線柴又駅から徒歩5分
Open 彫刻ギャラリーと邃渓園は9:00〜16:00
Close 邃渓園は12月27日〜1月3日休園
Fee 彫刻ギャラリーと邃渓園は有料(共通で400円)
Map 地図
   
 
Copyright©2005-2017 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.