PORTAL TOKYO特選街足立区

拡大写真

善立寺

 東武伊勢崎線梅島駅の南、徒歩17分。応仁元年(1467年)、本是院日護が三河安城に創建したのに始まる。
  その後岡崎へ移転し、徳川家康の江戸入府に随伴して天正19年(1592年)に江戸内幸町へ移転した。さらに江戸下谷新寺町へ移転し、塔頭10以上を有する大寺となった。江戸時代には、身延山久遠寺末触頭で、谷中瑞輪寺、宗延寺と並び日蓮宗(旧法華宗)江戸三大触頭の一つにあげられた名刹であった。
  関東大震災や昭和20年の空襲で被災し、昭和26年(1951年)に現在地へ移転した。
  境内は広々としており、正面に本堂、その両側に三十三間堂がある。近代的なたたずまいの本堂は平成14年(2002年)の建築。

(注) 「触頭(ふれがしら)」とは、江戸時代に、寺社奉行から出る命令・交渉のことをつかさどった寺院。(『広辞苑』)

Address 東京都足立区梅田1-26-10
Phone 03-3886-1367
URL http://www.zenryuji.or.jp/
Access 東武伊勢崎線梅島駅または五反野駅から徒歩17分
Open  
Close
Fee
Map 地図
       
       
 
Copyright©2017 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.