PORTAL TOKYO特選街荒川区

拡大写真

千住大橋

 JR南千住駅の北西、徒歩12分。国道4号線(日光街道)が隅田川を渡る橋。
  徳川家康が江戸城に入って間もない文禄3年(1594年)に架けられ、隅田川に架かる橋の中では最初に架けられた橋であった。当時の橋は木橋で、「大橋」と呼ばれたが、その後下流に大橋(両国橋)が架けられてから、「千住」の名を付して呼ばれるようになった。
  橋は何度も架け替えられた歴史があり、現在の橋は、関東大震災後の震災復興事業の一環として、昭和2年(1927年)に架けられたもので、その後交通量が増えたため、昭和48年(1973年)に新橋が添えられた。
  松尾芭蕉が門人たちと別れて奥の細道へと旅立った所としてよく知られている。

Address 東京都荒川区南千住6丁目、足立区千住橋戸町
Phone  
URL  
Access JR南千住駅から徒歩12分、京成本線千住大橋駅から徒歩4分
Open  
Close  
Fee  
Map 地図
       
 
       
Copyright©2008 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.