PORTAL TOKYO特選街杉並区

拡大写真

華徳院

 地下鉄丸ノ内線新高円寺駅の南西、徒歩3分。五日市街道に面している。本尊は閻魔大王像。天台座主第3世慈覚大師によって下野佐野で理性院として開創されたのが始まりと伝えられる。その後武蔵国霞ヶ関(千代田区霞ヶ関)に移転した後、浅草蔵前に移転、延享年間(1744〜1748年)に寺号を現在名の華徳院に改称した。
  江戸時代には「蔵前の閻魔堂」として江戸三閻魔のひとつに数えられ、参詣人でにぎわった。大正12年(1923年)の関東大震災で伽藍や仏像を焼失、その後は日光輪王寺から勧請した閻魔像を祭っている。
  昭和3年(1928年)現在地に移転し、新たに牛込千手院行元寺の閻魔王像を本尊に迎えた。寺門を入ると両側に墓地があり、その奥に本堂がある。

Address 東京都杉並区松ノ木3-32-11
Phone 03-3311-7590
URL  
Access 地下鉄丸ノ内線新高円寺駅から徒歩3分
Open
Close
Fee
Map 地図
       
       
 
Copyright©2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.