PORTAL TOKYO特選街品川区
船の科学館

船の科学館休館

 ゆりかもめ船の科学館駅の西,下車すぐ。日本海事科学振興財団が昭和49年(1974年)に海事全般にわたる総合的・近代的科学館として公開した。
  大型の客船を模した地上6階地下1階の建物が本館で,屋外展示場には青函連絡船羊蹄丸や南極観測船宗谷がある。
  本館では船の歴史や船の仕組み,造船の工程などを実物・模型・映像・パネルなどによって展示しているほか,自分で操船を試すことのできる操船シミュレーションや模擬ブリッジなどもある。
  羊蹄丸は海をテーマとした「シー&シップワールド」や青函連絡船があったころの青森駅の様子を体感できる「青函ワールド」、シアターなどで構成されるパビリオンとなっている。

*建物の老朽化が進んだので、リニューアル準備のため平成23年(2011年)9月30日をもって本館の展示を休止した。同時に羊蹄丸は保存展示を終了した。宗谷と屋外展示物は引き続き公開されている。

Address 東京都品川区東八潮3-1
Phone 03-5500-1111
URL http://www.funenokagakukan.or.jp/
Access ゆりかもめ船の科学館駅からすぐ。りんかい線東京テレポート駅から徒歩10分
Open 平日10:00〜17:00,土・日・祝および夏期10:00〜18:00
Close 12/28〜1/1
Fee 本館・宗谷・羊蹄丸共通券:大人1000円,こども(5歳〜中学生)600円
Map 地図
Copyright©2005-2011 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.