PORTAL TOKYO特選街文京区

拡大写真

妻恋神社

 JR御茶ノ水駅の北、徒歩7分。神田明神の北にある。
  日本武尊が東征のときに三浦半島から房総へ渡る途中で暴風雨に遭遇し、妃の弟橘姫が海に身を投じて海神の怒りを鎮め、日本武尊の一行を救った。その後一行が湯島に滞在したのにちなんで、日本武尊と妃を祭ったのがこの神社の起源と伝えられている。
  江戸時代には王子稲荷とともに妻恋稲荷として広く信仰を集めた。縁起物として、七福神が乗った宝船の木版刷り「夢枕」があり、正月2日の夜に、これを枕の下に敷いて寝ると縁起のいい初夢が見られるといわれる。
  由緒ある神社だが、ひっそりとしたたたずまいで、こぢんまりとした境内に赤い妻恋稲荷の鳥居が建っている。

Address 東京都文京区湯島3-2-6
Phone  
URL  
Access JR御茶ノ水駅から徒歩7分、地下鉄湯島駅・末広町駅から徒歩7分
Open  
Close  
Fee  
Map 地図
     
     
 
       
Copyright©2007 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.