PORTAL TOKYO特選街千代田区

拡大写真


こんにゃく閻魔(→拡大写真

興昭院

 地下鉄神谷町駅の北東,徒歩3分。本寺の天徳寺が江戸城内の紅葉山から虎ノ門に移転した慶長16年(1611年)に智相院として創建されたのに始まる。その後幾多の変遷を経て昭和3年(1928年)に随養院と合併し、智相山随教寺興昭院として現在の姿になった。
 境内の小さな堂には石造閻魔王像が安置されている。この閻魔はかなり風化しているが、江戸時代には眼病に霊験あらたかな「こんにゃく閻魔」と呼ばれて信仰を集めた。願いが成就した際にこんにゃくを供える風習があったとされ、当時の民間信仰を知ることができる貴重な像として港区の有形民俗文化財に指定されている。

Address 東京都港区虎ノ門3-10-8
Phone 03-3431-4442
URL  
Access 地下鉄日比谷線神谷町駅から徒歩3分
Open  
Close  
Fee  
Map 地図
       
       
 
Copyright©2014 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.