PORTAL TOKYO特選街中央区
中央卸売市場(築地市場)
拡大写真

中央卸売市場(築地市場)

 地下鉄築地駅の南西,徒歩約7分。昭和10年(1935年)中央卸売市場としての業務を開始し,水産,青果,花卉,食肉の卸売りを行う。他の中央卸売市場と比較して水産物が圧倒的に多いのが特徴で1日あたりの取引数量は2344トン,金額にすると約22億円に及ぶ(平成14年)。
  買出人は早朝から午前10時までの間に訪れるが,6時から8時ごろがもっとも混み合う。中央卸売市場の中は「場内」と呼ばれ,仲卸業者へのみ販売されるが,市場に隣接して「場外」と呼ばれる市場があり,個人客はここで購入することができる。
  場外は水産物店や食堂などのほかに、さまざまな食品や日用雑貨の店が軒を連ね,「いちば」の活気に満ちている。

(注) 施設の老朽化などのため,平成13年(2001年),東京都はこの築地市場を江東区豊洲に移転することを決定した。しかし、予定地の土壌汚染問題が発生したため当初の移転計画は延期された。平成26年(2014年)12月、土壌汚染問題が解決し、豊洲新市場は平成28年(2016年)11月に開場することになった。
 ところが平成28年(2016年)9月、新たに就任した小池都知事は地下水調査が終わっていないなどの理由で計画の見直しと移転の延期を表明した。移転の時期は未定となっている。、

Address 東京都中央区築地5-2-1
Phone 03-3547-7074築地市場管理課庶務係
URL http://www.shijou.metro.tokyo.jp/
Access 都営地下鉄大江戸線築地市場駅からすぐ,日比谷線築地駅から徒歩7分
Open 4:40〜
Close 日・祝日・年末年始・その他臨時休市日
Fee 無料
Map 地図
   
 
Copyright©2005-2016 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.