PORTAL TOKYO特選街千代田区

とちのき通り(→拡大写真

駿河台

 JR御茶ノ水駅の南西一帯。昔は神田山と呼ばれたところで、江戸時代にこの山を崩して東京湾の埋め立てが行われた。家康の死後、この台地に駿府の旗本を呼び寄せて屋敷を与えたのが地名の由来ともいわれる。
  明治大学や日本大学理工学部などの大学をはじめ病院などが多く、学生の街といった雰囲気に包まれている。御茶ノ水駅の西にあるお茶の水橋から南へ明大通りが延び、駿河台下に至る道沿いには楽器店が店を並べているのが特徴。
  この通りにある杏雲堂病院あたりは、かつて大久保彦左衛門の屋敷があったところで、一角にそれを示す標柱が立っている。
  また、明大通りから西へ延びる並木道は「とちのき通り」という名称で、トチノキとプラタナスの並木が美しい(かつては「マロニエ通り」と呼ばれたが、現在は「とちのき通り」となった。マロニエはトチノキの近縁種である)。

Address 東京都千代田区神田駿河台1〜4丁目
Phone  
URL  
Access JR御茶ノ水駅、地下鉄丸ノ内線御茶ノ水駅・千代田線新御茶ノ水駅下車。
Open
Close
Fee  
Map 地図
 
       
       
 
Copyright©2009 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.