PORTAL TOKYO特選街千代田区

拡大写真

秋葉原

 JR山手線と総武線が交わる秋葉原駅周辺の地区。江戸時代の火除け地で、明治3年(1870年)、秋葉原権現を勧請して鎮火神社を創建したところから秋葉原の地名となった。
 昭和3年(1928年)に駅前に青果市場(1989年に廃止)ができ、戦後はいち早く駅周辺に家庭電気製品の店が出て、今では万世橋から外神田5丁目までの約1kmの間に数百軒の電気店が軒を並べている。このため「電気街」の異名を持ち、海外からの旅行客も含めて電気製品を買い求める人々があふれて街は常に活気がある。
  平成17年(2005年)にはつくばエクスプレスの開通、さらに翌年にかけて秋葉原クロスフィールドがオープンし、街は大きく変貌した。また、マイナーではあるが、メイド喫茶やおでん缶などの流行を生み出し、街には不思議な個性がある。

Address 東京都千代田区外神田1〜6丁目、神田花岡町ほか
Phone  
URL  
Access JR山手線・総武線、つくばエクスプレス、地下鉄日比谷線秋葉原駅下車
Open
Close
Fee  
Map 地図
   
 
 
         

街角情報   紅い街  
「東京街角情報」への投稿記事から,関連記事をご紹介します。  
  パソコンのパーツを探しに秋葉原へ。夕方、駅の電気街口から出ると赤一色といった風景で驚きました。以前行ったときはこんなに赤くはなかったと思います。
  「赤」といえば僕などはつい「赤提灯」や「浦和レッズ」をイメージしてしまうのですが、この街は東京の中でも異色な街ですね。「おお、さすが秋葉原」と感動してしまいました。
 
Contributor: おさむ 、2007年12月10日
 
Copyright©2008 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.