PORTAL TOKYO特選街千代田区
霞ヶ関
拡大写真

霞ヶ関

 桜田門から虎ノ門にかけての一帯で,江戸時代には大名屋敷が置かれていた。明治政府がこの地に官庁を集約する計画を立てて建設された。
  建物の中では、明治18年(1885年)に完成した法務省旧本館(赤れんが棟)が唯一残っている。日本の行政・司法の中心で,次の主な中央省庁のビルが桜田通りをはさんで立ち並んでいる。
  中央合同庁舎第5号館や同第6号館は皇居を見下ろすことのない高さに抑えられている。
  主な官庁施設は次の通り。

  中央合同庁舎第1号館
  中央合同庁舎第2号館
  中央合同庁舎第3号館
  中央合同庁舎第4号館
  中央合同庁舎第5号館
  中央合同庁舎第6号館赤れんが棟
  中央合同庁舎第7号館
  裁判所合同庁舎
  財務省庁舎
  外務省庁舎
  経済産業省庁舎
  特許庁総合庁舎

霞が関の建物(国土交通省)

Address 東京都千代田区霞ヶ関1〜3丁目
Phone  
URL
Access
Open
Close
Fee
Map 地図
 
       
 
Copyright©2005-2011 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.