PORTAL TOKYO     中国料理


主なメニュー:



うれしい「ハーフ&ハーフ」のメニュー

咸亨(かんきょう)酒店

 中国料理店が多い神田神保町にあり、お店は、脇に柳の木があって趣きのある建物です。
 同名の「咸亨酒店」は中国浙江省紹興市にも実在し、そちらは魯迅の小説にも登場する店として有名です。こちらの咸亨酒店は近所にある新世界菜館の姉妹店ですが、店内には中国の書や画が飾られていて、中国のレストランにいるような雰囲気。中国寧波(ニンポー)地方の郷土料理と紹興酒のお店です。
  寧波は海に面しており、寧波料理は魚介・野菜料理を中心にしているのが特色。中華粥、火鍋をはじめメニューは数多く、ほとんどのメニューにハーフサイズ可能の設定があるのがこのお店の特長です。
  ランチタイムには、ハーフサイズの麺類と飯類の2品を選べる「ハーフ&ハーフ」と、5種の主菜から2種選んでご飯またはお粥とセットにできる「定食」があり、2つの味が楽しめて人気があります。シーズンになると上海蟹もメニューに登場します。
  これらの寧波の料理のほかにはもちろんおいしい紹興酒が味わえます。

Address 東京都千代田区神田神保町2-2
Phone 03-3288-0333
URL http://www.sinsekai.com/kankyo/
Access 地下鉄東西線・半蔵門線・都営地下鉄三田線神保町駅から徒歩1〜2分
Open

11:30〜23:00(日曜・祝日は12:00〜22:00、ランチタイム 11:30〜14:30)

Close 無休(年末年始を除く)
Map 地図
       
       
 
Copyright©2015 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.