PORTAL TOKYO
  デル株式会社


科学者の眼(26)
我々にできること──省電力

  安村 通晃 慶應義塾大学環境情報学部教授

 この度の東日本大震災では予想を超える津波で、さしもの原子力発電もその被害から免れることはできなかった。直後の計画停電(輪番停電)は、寒さが和らぐにつれて、中止されたが、7月、8月に向けて、電力の供給不足が懸念され、そのため、我々も、一層の節電が要求されている。

 家庭における電力消費の内訳を見ると、エアコン25.2%、冷蔵庫 16.1%、照明用 16.1%、テレビ 9.9%、電気カーペット 4.3%、温水便座 3.9%、衣服乾燥機 2.8%、食器洗浄乾燥機 1.6%、その他の機器 20.2%(エネルギー白書2006)となっており、トップのエアコンに続いて、照明用が冷蔵庫と同率で並んで、電力消費の2位になっている。

 エアコン、冷蔵庫は、設定温度を上げればよい。では、照明はどうか。

 照明で電力消費が多いのが白熱電球だ。白熱電球は、初期コストが安いだけで、消費電力は大きく、寿命も短い(表1、表2参照)。このため、大手家電メーカーは、2010年3月17日で生産を止めている。

 ところが、白熱灯を切れるまでは使おうとする人たちが多いということから、すぐにはなくならない。切れてから買おう、切れるまで待とう、と言う人が多かったと考えられる。しかし、このたびの電力不足で、この言い訳は効かなくなった。今すぐに、省電力の電球型蛍光灯か、LED電球に切り替えるべきだ。

 表2の試算例を見ると、LED電球が最も電気代が安いが、初期コストがかかる。電球型蛍光灯が値段もそこそこで、電力消費、寿命の点でもよいと思われる。ただ、電球型蛍光灯は、点滅が多い場所には向かない。サイズがやや大きいのも問題だ。その点、値段は比較的高いが、LED電球の方がサイズが小さいものが出ている。点滅にも強い。また、電球型蛍光灯は調光がまったく効かないのが問題だ。その点、LED電球では、調光可能なものも販売されている。

 ところで、家庭の電力消費6位に、温水便座が並んでいる。これがなんと、3.9%。無視できない数値である。これは、便座カバーをつけることにより、設定温度を下げたり、あるいは、切ったりできることに注意しよう。

   
表1 LED電球,電球型蛍光灯,白熱灯60W相当の寿命,消費電力,価格比較

LED電球
電球型蛍光灯
白熱灯

型名
パナソニック
LDA7l-A1
パルックボール
EFA12EL2T
シリカ電球
LW10054

寿命(h)
40,000
6,000
1,000

消費電力(w)
6.9
12
54

価格(円)
2,080
330
130


表2 電気代と耐用年数の比較(*)

LED電球
電球型蛍光灯
白熱灯

電気代(円)
348
604
2720

耐久年数(年)
18.3
2.7
0.5


(*)1日6時間使ったときの 年間電気代と耐久年数(電気代を23円/Kwh)。

   
「科学者の眼」indexページ
Copyright©2011 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.