PORTAL TOKYO
  デル株式会社


科学者の眼(55)
電子通貨の真実

  川合 慧 放送大学教授



 ビットコインを象徴するコイン.とくに価値はない.


  お金を純電子的に実現する方法を考えてみたことがある.その場合に最後に問題になるのが容易にはコピーできないという性質である.石貨,貝殻,金銀などはその性質をもっているし,通常の貨幣や紙幣は,発行する国などが強力な偽造防止措置を施している.これに対して,電子データのコピー容易性が結構厄介な点であり,電子通貨がなかなか実現できなかった理由である.この問題に対して発想を180度変えて取り組み,一定の結果を得ているのが,時々新聞を賑わしているビットコインである.180度という意味は,偽の価値(コイン)を作ること自体を100%防ぐのではなく,偽造がすぐにバレる方式にすればよいと考えたことである.

 ビットコインの世界を例え話的に見てみよう.“ビットコイン村”では,村の中のお金のやり取りは,広場にある大きな掲示板にすべて貼り出される.たとえば
  【AさんはBさんに1万ビットコイン渡した《Aの実印》】
という具合である.実印の押印によりAさんはこのやり取りを否定できない.次に
  【BさんはCさんに8千ビットコイン渡した《Bの実印》】
が続く.ここで,もしもそのすぐ後に
  【BさんはDさんに5千ビットコイン渡した《Bの実印》】
が貼ってあったとすると,Bさんは受け取った額以上を他の人に渡したことになる.もともとBさんがゼロからスタートしたものとすると,これはおかしい.この検証は村の人なら誰でもできる.このように,通貨の流れを完全にオープンにしておいて偽造を防ごうというのがビットコインのアイデアである.普通の偽札も,作っただけでは何もならない.それを使うことにより価値の複製が生じる.

 問題はビットコイン村の掲示板のようなオープン性の実現である.ビットコインではP2P(ピーツーピー)という通信方式をもちいている.この方式では通常のWEBのような集中管理をするサーバをもたず,全世界的に流れるデータを,参加する全コンピュータで共有する.これに参加すれば誰でもどこにいても全てのデータを見ることができる.この通信方式は,古くは音楽共有システムNapstarや一時話題となったWinnyなどで用いられた.現在ではツイッターやスカイプなどがこの仕組みで動いている.また,実印の働きは公開鍵暗号と電子署名というインターネットで使用されている仕組みによって実現される.

 ビットコイン村に戻ろう.いろいろな人の間でのやり取りが書かれた札がどんどん貼られてゆくと,1枚の掲示板が一杯になる.ここで,新しい掲示板を立てると報酬が貰えるので力のある人が隣に立てると,またそこに札が貼られてゆく.このようにしてビットコイン村の広場には掲示板の長い列が出来上がり,日々それが長くなってゆく.また村役場は広場を提供するだけでお金の流れの管理は一切しない.

 現実世界での掲示板の列はブロックチェーンと呼ばれていて,誰でも覗くことができる.インターネット上では http://blockchain.info でこれが覗ける.最新のいくつかのブロック(掲示板)と実際のやり取りなどがリアルタイムで眺められる.ちなみに現在(2015年11月)は,ブロック数は約38万5千個,1ビットコインは約300ドル強,1日当たりの流通量は約160万ドル,といった数字となっている.

 インターネットを利用した電子通貨の最大の特徴は決済の速さと安さで,国際送金であっても最長10分,最短1秒程度しかかからない.手数料も安い.この特徴の裏返しとして違法取引やマネーロンダリングに利用されやすいという暗い面もある.現在,ビットコインでの支払いが可能な会社も(とくに米国で)増えてきており,ATMも出現している.気にしておいて損はないシステムではある.

 

「科学者の眼」indexページ    
Copyright©2015 PortalTokyo.Inc. All rights reserved.